母乳から美容

1976年に発見された成人T細胞白血病をご存じでしょうか?

悪性のリンパ腫、やHTLV‐1ウィルスを原因とする白血病の一種と言われています。

国内の持続感染者(キャリア)の3分の1を占めており、約100万人の内、年間700人に発症しているそうです。

特に西から南の地域である九州では長崎、宮崎、鹿児島、沖縄に多いと報告があります。

現在、献血による感染はチェック検査でなくなったそうです。

原因は性交渉、輸血、母子間と他の感染症と大差はありませんが、母乳を通してうつる事が多いみたいです。

一番多いとされてはいますが、幼児期の母乳を通しての感染確率は5%程と言われています。

また近年では、妊婦健診を受けていれば防ぐことが可能とされております。

潜伏期間は30年から一生涯と言われ、どの時点で発症するかは解らない様です。

ただし名に成人とつくように、殆んどが40歳以上に見られ、未発症で無症状の場合も多くあるとの事でした。

最も多く出るのは60~70代と言われています。

美しい容姿の為にも、知識として持ち合わせておきましょう。